困ったトロブーム

世の中マグロブーム。トロブーム。難題を抱える漁師たちのことなど頭になく、高級鮨屋へ回転寿司と連れ立って行く。それにしても、マグロのトロは全体の10%ほどである。それに大人も子供も群がる。
テレビのグルメ番組では、『究極のマグロ丼』を紹介していた。大間の「カマトロの霜降り」「腹カミの蛇腹」「皮ギシのネギトロ」「大トロ炙り」を盛り上げてなんと1万円だという。こんな脂だらけの丼なんて見ているだけで気持ち悪くなる。これはマスコミに取り上げてもらうためのパフーマンスか。番組スタッフからの注文か。
「うちの孫はトロしかたべないの」それを自慢げにしているおばちゃんの話もよく聞く。このままじゃヘンなマグロの世界が、当たり前でまかり通ってしまいそうである。
食文化のねじれ現象。いかに情報社会とはいえ、食べる人たちはTVやネットの情報を鵜呑みにしすぎていないだろうか。ボクたちが若かったころは情報が少なく、マグロの真の姿なんて知らなかった。マグロそのものが正しく分かってないし、漁師も河岸も仲買いも流通もまったく白紙に近い。それでも正しい情報を知りたい人は足しげく鮨屋に通い、日本料理屋で板前さんから魚の蘊蓄に耳を傾け、漁師など専門家に近づく努力をして真の情報を作り上げてきたつもりである。粘り強く格闘してこそ正しい文化を形成するのだと思う。
先日、NHKテレビの「プロフェッショナル」に築地のマグロ仲買人の藤田浩毅さんが出演していた。番組中、彼は熱く語っていた。それは『ネットはあくまでうわべの情報』ということだ。河岸に上がった数百匹の中からでも、自分の納得のいくマグロがセリに出ていなければ3日でも4日でもセリ台に上がらないという。意地の買い付けに本物のプロの姿を観た。
名だたる鮨屋の名人大将が、彼の店「藤田」からしかマグロを仕入れずに何日も待つという。プロとプロの名勝負を見せ付けられるようで、釘ズケになったものだ。