吠える40度線

漁船の中でも一番過酷なのは、マグロ漁船だろう。一度航海に出れば、帰港するまでに1年半から2年はかかり、それだけ長い間、家族と離れて沖で生活する事になる。全長15m、幅8mの狭い空間に20数名の男たちが寝起きを共にする。
僕が初めて乗り込んだ室戸のマグロ船は高知港を出港して、赤道を越え、どんどん南下して40日くらいかけて喜望峰へ向かった。狙うは最も高価なミナミマグロ。インドマグロともいう。漁期は5月から8月頃まで。マグロは回遊しているので、それを追いかけて、オーストラリアやインド洋、太平洋へと移動する。
「吠える40度線」といわれる南緯40度あたりはいつも荒れ狂う暴風圏。正面から5階建てビルのような波が来る。船は木の葉のようにその波に乗り上げ、ドン!!と突き落とされる。横からも波がきて、30度,40度に船は傾く。それで船にしがみついていたら仕事にはならない。マグロ船の事を「縄船」といって、仕掛けた縄を巻き上げていくので、両手がふさがっている。だから、腰だけでバランスをとりながら仕事を続ける。甲板で揚げ縄作業をしている船員たちには襲い掛かる波が見えない。だからブリッヂで舵をとる船長や甲板長が波に注意を払いながら危険だと思ったら「非常ベル」を押す。そのベルを合図に船員たちは作業を止めて、屋根のあるオモテに逃げ込む。その直後にドーン!!と船は波にのみ込まれ、船の体勢がもどったら再び作業を続ける。
一度縄を入れると、すべて引き上げるまで作業は止められない。その延縄の長さは150km。そこに3000本の枝縄がぶらさがっている。東京と沼津間に巨大な縄ののれんがかけられたというイメージ。枝縄を3000本投入するのに5時間。一度船から縄を切り離して、マグロがかかるのを待つ。5時間後に縄を巻き上げていくが、これに12時間から15時間かかる。その3000本の釣り針にマグロが1本、2本しかかからない事だってある。それが、マグロのナグラ(魚群)に遭遇すると、50~60本もかかる事もある。当時、脂ののったミナミマグロの相場はキロ5000円くらいだった。1本100キロとして50万円。マグロがかかるたびに「いらっしゃい!」「銭や!」「お客や!」という掛け声がかかり、マグロ漁には一攫千金の醍醐味があった。だから、釣り上げたマグロの下に傷つけないように毛布を敷いて解剖し、そのままの鮮度を保てるようにマイナス60度で急速冷凍する。そうやって魚倉がマグロで満杯になった時、やっと日本に帰る事ができる。大漁旗をはためかせ自分達が釣ったマグロに高値がつく事を祈りながら家族が待っている母港を目指す。それが遠洋マグロ漁船の航海。
100528224415